TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記

旧ブログ名『ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記』。TTバイクを購入した事により改名。今はYouTubeで動画投稿をメインにしています。

TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記・開幕


f:id:jbcf6000-r-s:20200421144413j:image

約2年間続いた『ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記』は幕を閉じ、TTバイクを購入した事で新しい挑戦が幕を開けた。


TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記


これが新ブログ名である!


目標は毎年9月に行われているJBCFタイムトライアルチャンピオンシップのコースである渡良瀬川3周を20分切りする事である。距離約15㎞をAve47km/hオーバーで走る必要がある。


JBCFタイムトライアルチャンピオンシップはEクラスタだと1周だがJPTとなると3周走る事になる。20分切りはJPTで表彰台に立つ為の一つの目安となっている。コースレコードは2018年にチームブリジストンサイクリングの窪木選手が出した19分41秒9だ。この年20分切り出来たのは窪木選手と宇都宮ブリッツェンの増田選手だけであった。


そんな国内トッププロでも僅かな選手しか到達出来ない領域を一般人である自分が目指そうと言うのだ。まぁ馬鹿げた話だよね(笑)。


しかし自分は本気だ。プロ選手になりたいとかそんな事は思って無く、ただ自分の限界を知りたいと思っている。自分の持てる力、知恵、技術を駆使すればどうなるのか? ただ、それを知りたい。

 

そしてそれを知る事はトッププロの純粋な速さを理解する事に繋がる。

 

なぜプロ選手は速いのか?

 

単純なパワーだけではない、タイムトライアルだからこそわかる真の速さを解き明かす。

 

ブログ名は前の面影を残しつつインパクトのあるものにした。『渡良瀬3周20分切り!』とかのブログ名だとなんかしっくり来なかった。


TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記ってまぁ野蛮な印象を受けるだろうが、書いてる事は真面目です(笑)。妬みとか嫉妬等はなく、純粋に速く走りたいと思っていて、その為に、トッププロの速さを理解する為に、戦おうと思っているのだ。直接戦うわけではないけど、同じ土俵で走るって事ね。


これもある意味調査である。一般人である自分が、自分の身体とTTバイクを使ってプロ選手の速さを調査する。


ブログ名が変わったからと言って今までとやる事は同じだ。空気抵抗調査等は普通にやっていく。


……とまぁこんな感じです(笑)。今後ともこのブログを見ていただけると嬉しいです。それではこれで。