ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 速さを求め(身体を張った?)様々な調査をしている

【インプレ】コンチネンタルGP5000(25c)クリンチャーを買ってみた

f:id:jbcf6000-r-s:20181223080803j:plain
f:id:jbcf6000-r-s:20181223080824j:plain
↑コンチネンタルGP5000の25cクリンチャーを買ったのでインプレを……って一つ10g以上重量オーバーしてるじゃねぇかあああああ!!!!


……まぁしょうがない。気を取り直してインプレを書いていく。


まず重量に関してだが公表で25cは215gと書いてあった。写真の通り自分は二つ購入した訳だが、一つは1gオーバーでもう一つが11gオーバーであった。個体差は結構あるみたいだ。


タイヤの転がり抵抗に関してはこちらをご覧ください→https://www.bicyclerollingresistance.com/road-bike-reviews


今日bicyclerollingresistanceのサイトを見たらチューブレスバージョンの結果が出ててびっくりした(笑)。しかもクリンチャーバージョンより良い結果だった! コルサスピードチューブレスに匹敵する低抵抗だ!! ただ、エアロコーチのサイト→https://www.aero-coach.co.uk/gp-5000-tubeless-data にはクリンチャーバージョンの方が転がり抵抗が優れている結果が出てていた。ラテックスチューブの性能ゆえの結果と言える。何はともあれどちらも良いタイヤである事は間違いない。パンク耐性も申し分無しだ。


f:id:jbcf6000-r-s:20181223080902j:plain
↑GP5000のタイヤ幅は他のタイヤと比べて小さいと言われていたが、内幅19mmのリムに25cを取り付けたら26.3㎜だった。サーヴェロS3に従来の25cタイヤを取り付けると28㎜程に膨らんでチェーンステーに擦ったりする事があったので、このサイズ設定はとてもありがたいと思った。タイヤレバーを使ったが、固すぎてはめにくい事は無かった。


f:id:jbcf6000-r-s:20181223080929j:plain
↑エアロ効果のあるトレッドパターン。フロントタイヤには特に重要となってくる。


f:id:jbcf6000-r-s:20181223081017j:plain
↑5000のロゴが控え目に煌めいている。えっTTバイク? あー何だか知らない内にDHバーが生えてきたんだよねーハハハ(すっとぼけ)。3月のTTジャパンこいつで走ろう(笑)。


100km程走ってみた感想だが、前付けていたコンチネンタルアタックⅢとフォースⅢと比べて振動吸収性は若干良くなった気がする。柔らかいわけでもなく、しかし硬い訳でもない。ターボコットンに似てるかな? グリップは特に滑る挙動は無かった。とりあえず正月休みはTTバイクに乗りまくる事にしよう。頭を下げる事による空気抵抗調査は4月頃迄延期します。TTバイクに乗るのが楽しすぎる(笑)。