ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標

みんなのTTジャパン対策 下総攻略法まとめ

来週の16日、みんなのTTジャパン5th stageが下総フレンドリーパークで行われる。


シリーズ4度目となる下総でのタイムトライアル(またかよっw)。1st stageから出続け過去3度走ったが、思い返してみると表彰台には立てたもののその走りの内容はどれもこれも酷かったと言える。


過去の過ち、無様な走りを繰り返さぬよう、そして過去最高の走りが出来るよう5th stageに挑む前に戒めをかねて自分のこれまでの走りの汚点、改善する為にやってきた事、当日やるべき走りを書き記しておこうと思う。もちろん5th stageもノーマルバイクで走るので、その目線で書いていく。


・ペース配分に関して


過去3度走ったラップタイムをみると1周目でとてつもなく飛ばしていた。それで2周目に中弛みし、最後は頑張って走り終える……そんなダメな走りをしていた。ノーマルバイクでクラシックに参戦した4th stageでもそれは同じだった。


・1st stage セミクラシック 1/22位
Ave40.23km/h
1周目2:10.078
2周目2:18.324
3周目2:14.281
タイム6:42.683

・2nd stage セミクラシック 2/19位
Ave39.61km/h
1周目2:14.859
2周目2:18.301
3周目2:15.871
タイム6:49.031

・4th stage クラシック 11/18位
Ave40.55km/h
1周目2:04.562
2周目2:10.793
3周目2:15.801
4周目2:16.332
5周目2:16.953
6周目2:14.551
タイム13:18.992

1st stageの動画はこちら↓
前編https://youtu.be/h7c9gXv4ivQ
後編https://youtu.be/Ej_-ZRQGicM

2nd stageの動画はこちら↓
前編https://youtu.be/U9kw_vc1geM
後編https://youtu.be/1LbWRC-f-d4


普段の練習で独走力を強化する練習はしていても、周回コースをイーブンペースで走る練習はしていなかった。


セミクラシックで連続で表彰台に立てて浮かれていた。明らかな慢心。良い結果が出れば自分の汚点には鈍感になり改善しようとは思わなかった。ただ単純にもっとパワーを上げれば速く走れると思っていていた。だから、4th stageで野心のおもむくままにノーマルバイクでクラシックに参戦し、ぶちのめされて良かったと思っている。手痛い敗北はいつも自分を大きく成長させてくれる。


4th stageを終えた後は、家の近くにある1周2.3㎞程のアップダウンのある周回コースでペース配分の練習を繰り返した。


スタート後ペースを上げすぎない為には自分の力量と目標とする平均速度とコースの特徴を把握しておき、上りや下りの各局面にてあらかじめ何km/hで走ると決めておくと簡単にラップタイムが安定するようになった。


出力の値はすぐに変わってしまうが、速度はギア比とケイデンスを変えなければ変わる事はない。なので、自分はパワーではなく速度を基準にペーシングしている。


ちなみに『ストラバ』のアプリは自分の走りを分析するのにとても役に立った。後、速い人のログも見れるしね(ニヤリ) 


自分のストラバのログが気になる人は『さすらいのうなり君』で検索してどうぞ。


・ダンシングと身体のぶれによる空気抵抗の増加に関して


4th stageで筧選手が上りでダンシングしてもパワーは出るけど結局前方投影面積が増えて速く走れないと言っていた。今まで自分は上りでダンシングしていたが、冷静になって考えてみると確かにそうだと思った。


今までダンシングしてしまっていたのはオーバーペースゆえに脚に乳酸溜まって苦しくなったからだ。それとシッティングで上る練習をしてこなかったってのもある。


4th stageを終えてからはシッティングで上る練習をした。皇居の上り区間は下総の上り区間と勾配が似ているので休日はよく走りに行っていた。出力は400W程(6倍弱)を目安に走行した。


後、疲れてきたりポジションを変えたりする事で身体が上下左右に動くと前方投影面積が増えて空気抵抗が増えるとも言っていた。4th stageの時のブログでも書いたが、自分は宇都宮ブリッツェンの阿部選手の走りを参考にしている。去年のJプロツアー大田原クリテリウムの映像はとてもわかりやすいです→https://youtu.be/TzpJyoTRfy0


下総のコースはアップダウンのある周回コースなので、変速等を考えるとブラケットエアロポジションがベストだと思っている。今までは下り区間になったら落車リスク回避の為にドロップハンドルポジションをとっていた。


ポジションを変える時、手や腕は動き、それによって空気抵抗は増える。ずっと同じポジションで走ればタイム短縮になる。なので、先日のそでがうらサマーサイクルロードフェスタにてブラケットエアロポジションで下り右コーナーをクリアしようと試した。しかし無理だった。落車する危険を感じた。


そでがうらは下総と比べてコーナーがキツイ。どちらのポジションで下るかはTTジャパン当日に試走してみて判断しようと思う。重要なのは下りよりも上り。グレアム・オブリー氏の言葉である『遅く走らない』を徹底する事だ。


・まとめ~当日やるべき走り~


ここまで長々と書いてきたが、オーバーペースが全ての歯車が狂うきっかけになっているんだなと思った。


オーバーペースになってしまうのは自分の力量とコースの特徴を把握し予習が出来ていないから。それと目標が高過ぎるからだ。


TTジャパン当日、今の自分の実力では出せてもAve42km/h程だろう。


天候によっては多少変わるが、スタートしてからの緩やかな下り区間は43~45km/h程で走り、ゴール前の上り区間は35km/hを下回らないように走る。ラップタイムは2分8~10秒がターゲットだ。


実力以上のものは出せない。それを肝に命じて落ち着いて走れ。最高の結果はその先にある。


f:id:jbcf6000-r-s:20180712204111j:plain