ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標

リヤタイヤを変えてみた スペシャライズドTURBO COTTON(24C)→ミシュランPOWER COMPETITION(23C)

今度の土曜日に迫ったTTジャパンに向けてリヤタイヤを変えてみた。

f:id:jbcf6000-r-s:20180509184421j:plain

下総フレンドリーパークは1週1.5㎞のアップダウンのあるコースだ。このコースを攻略するならリム外周部にあるタイヤは軽い方が良いと判断。

f:id:jbcf6000-r-s:20180509184459j:plain
↑ターボコットン

f:id:jbcf6000-r-s:20180509184530j:plain
↑パワーコンペティション

実測225グラムのTURBO COTTONに対し、POWER COMPETITIONは実測195グラムだ(計りがアバウトすぎる……)。

最近常用しているソーヨーラテックスチューブ(48グラム)をバーストさせてしまい、3年ぶり?位にブチルチューブ(100グラム)を使ってみたのだが……あれは駄目だ。単純に重いし、加速がもっさりするしで気持ち悪い。転がり抵抗以前の問題。リム外周部が50グラム違うだけでここまでフィーリングが変わるのかと改めて衝撃を受けた。

f:id:jbcf6000-r-s:20180509184648j:plain

今日ならしで走ってみたが良い感じだ。自分好みの軽やかなフィーリング。悪くない。

f:id:jbcf6000-r-s:20180509185614j:plain

転がり抵抗に関してはTURBO COTTONに比べるとPOWER COMPETITIONは多少劣る。詳しくはhttps://www.bicyclerollingresistance.com/road-bike-reviewsをご覧ください。

しかし、重量と入手のしやすさと値段(←これ重要!)で優位に立っているので総合力で見ればほぼ互角か多少上かなと思っている。だが、めちゃくちゃはめにくい~!

ちなみにフロントはコンチネンタルGP4000sⅡを使っている。これは空気抵抗を考慮しての事である。そのうち記事書こうかな……。

加須こいのぼり杯TT 臨時登録G 9/21位 Ave40.43㎞/h(平均出力244W)

なんの変哲もないノーマルバイクで参戦した加須こいのぼり杯タイムトライアル。

気温は高く風は穏やかでAve42km/h以上はいけると思っていたけどダメだった。圧倒的にパワーが足りてない。

f:id:jbcf6000-r-s:20180508210939p:plain

走りに関してはサイコンは一切見ずに集中して走った。ポジションはもちろん終始TTポジションで。スタートしてからの加速後は出力もほぼ一定に走れている。

f:id:jbcf6000-r-s:20180508211723j:plain

ウェア類はビオレーサーで統一。

f:id:jbcf6000-r-s:20180508213250j:plain

次のレースは12日にあるみんなのTTジャパンだ。

今までTTジャパンはセミクラシックの部に出てきたが、今度からクラシックの部に参戦する事にする。自分の野心の原点にしてブログのタイトルにもなっているノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦だ。

下総のコースはアップダウンがあってTTポジションはとりづらいから終始ブラケットエアロポジションで走る事になりそうだ。

天気も良さそうだし、Ave42km/h以上出せるように頑張ろう。